2015年07月31日

【戦闘メカ ザブングル】えっ?そこに降りるの?ウォーカー・ギャリア着地場所についての疑問【後期OP】

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。


『ザブングル』好きが集まった時に話す「議題」といえば、何があるでしょう?

・ 『戦闘メカ ザブングル』と『漫画版 風の谷のナウシカ』の相似点
・ そこから導き出された「ブルーストーン」の解釈
・ ストーリーの補完、想像、IF
・ キャラクターたちの考え方、生き様、セリフ、名シーン
・ 好きなウォーカーマシン談義
・ プラモ作り
・ ごっこ遊び

……などなど、いろいろあると思います。
(後半、議論じゃない)


ほかのアニメや漫画でもそうですけど、同じ作品を好きな仲間が集まったら、時間を忘れて、いろいろ想いや考えをぶつけ合わせたくなるもの。

それが答えの出ない問いかけでも、許して欲しいあやまちを。いつかつぐなう時もある。

無駄話に費やした、今日という日はもうないが!
(でも、すごく楽しいんだコレが―)


今回は、そんな議題の一つ、『戦闘メカ ザブングル』後期OP「ウォーカー・ギャリア、そこに降りちゃうの!?問題」についてです。

続きを読む

posted by SABUROH at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月18日

『シドニアの騎士』で、誰かパペット&人形劇を作ってー!というお願い

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。




そういえば以前、飛井さんがしていた上のツイートをキッカケに、3DCGアニメやモロモロについて考えたことがあったんですけど。

らくがきノートの隅に書いて、放っぽりっぱなしで、使いどころもないし、すっかり忘れておりました。


べつに発表するほどでもないかしら、とも思ったんですけど。

せっかく思い出したので、もったいないので、また忘れてしまわないうちに書いておきます。

考えを頭の中から追い出すのって、スッキリするし、なかなか楽しいですからね。


よろしければ、暇つぶしにどうぞ。

続きを読む

posted by SABUROH at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月12日

「車の運転が嫌だ!」という言い訳を全力でしてみる

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。


早速ですが、私はとにかく「車の運転」が、すごく苦手です。

免許は持っていますが、ペーパードライバーで、ハンドルを握ると不安と恐怖で、ものすごく緊張してしまいます。

できるなら一生、運転なんかしたくないと思っています。


「高めの球は捨てる」と決心してバッターボックスに入ると、逆に「高めの球」に意識が行ってしまい、捨てるはずの球に「思わず手が出てしまう」というのを聞いたことがありますが。

私は、人を轢き殺してしまったり、どこかに突っ込んで物を破壊してしまったりの、悪いイメージばかりが強化されています。

人の脳は「抱いたイメージを具現化」しようと働いてしまうので、やってはいけないと思いながら、無意識にそちらへハンドルを切ってしまうんじゃないかと、それが本当に恐ろしい。


そのことを人に言うと、あまりまともに取り合ってはくれず、「慣れ」だから、「練習」すればうまくなるからと、運転のできる家族や友人や何も知らない人は気軽に言います。

そんなの分かっています。そんなの百も承知です。

でも、嫌なものは嫌なんです。


この「嫌がっている」という気持ちを汲んでもらえず、「ぜんぜん大したことない」と、その人達は「善意」のつもりで、じわりじわりとソフトに首を絞めてくるんです。

理解してもらえない「憤り」、絡みつくような「圧迫感」。

それが本当に、たまらなく「苦痛」です。


運転が怖い・面倒という苦手意識を正当化するために、「自家用車を持つデメリット」や「チャレンジコスト」や「失敗のリスク」などの理論武装に余念がなく、オートメーションで目的地に向かってくれる自動運転車の実用化を心待ちにしています。


こういう言動や姿勢が、「苦手」「嫌い」「不得意」からの逃亡で、「言い訳」「正当化」で、後ろ向きの全力疾走だということは、自分でもよく分かっていますけど。


どうせなら、一度、きっちり吐き出しておこうと思い、記事にしてみることにしました。


溜まりに溜まった、「不満」と「憤り」!

王様の耳はロバの耳!!


井戸の底に叫ぶ代わりに、ブログに書き殴ってみます。

いいオトナの、ダダっ子全開のでんぐり返し、見てゆくがいいっ!

続きを読む

posted by SABUROH at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする