2015年07月15日

『メンズビゲン ワンプッシュ』で、生まれて初めての白髪染め

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。


中学生の頃から、若白髪があって、ちょっぴり気にしていたのですが。

ストレスの所為か、不規則な生活の所為か、年をとった所為か、順当に白髪が増えてきて、散髪で切り落とされた髪を見ていても、さすがにごまかしきれなくなってきました。(自分を)


気持ちは中学生の頃のままなので、ショックではあるのですけど、落ち込んだからといって、髪が黒くなるわけでもないので。

生まれて初めての白髪染めを、自分の手で試してみることにします。



◆ 購入


ヘアマニキュアやリンスなど、いろいろ迷ったのですが。

手軽さと値段、それとAmazonのランキングでトップだったという理由で、『メンズビゲン ワンプッシュ (ナチュラルブラック) 』を選択。


【関連リンク】
メンズビゲン
商品のラインナップ


評判やレビューを読んでみると、ブリーチのようなもので、多少髪を傷めるかもしれないとのこと。

アレルギー反応などには気をつけなければいけませんが、「しっかり」「早く」染まるという評判なので、購入しました。


そういえばむかし、色を抜いて金髪にしていた時期があったっけ。

全然似合ってなかったし、面倒なので、その一度きりでやめてしまいましたけど。


あの感じなら、簡単にできそうです。


【参考記事】
男性用白髪染め 徹底比較&選び方ガイド
メンズビゲン ワンプッシュ[白髪染め]の感想・レビュー




◆ 作業


上記の記事やレビュー、動画などを参考に、実際に染めてみます。


服についてしまうと、黒ずんで消えないとのことなので、ちょうど夏ですし、上半身裸でやってみます。

冬なら、前開きの服ですね。


パッチテストも問題なし。

染める方法は、動画や説明書の通り、ブラシに液を出して塗っていくだけです。

一度に大量に塗ろうと、ブラシにクリームをのせすぎると、ボタ落ちしてしまうので、少しずつやった方が良いですね。


私は短髪なので、すぐに塗り終わりました。


そこから、しばらく放置。


その状態で部屋や家の中をウロウロすると、うっかりどこかに触れて汚してしまいそうなので、早々にお風呂場に行き、体を洗ったりしながら待ちます。

だいたい10分くらい経ったところで、洗髪していきます。



◆ 洗髪


上記の、参考にしたレビューで、かなり念入りに洗わないと落ちないと書いてあったので、気合を入れて。


シャンプーの前に、お湯でしっかりぬめりを流しておくと、シャンプーを無駄にしなくて済みます。

説明書には、シャンプー2回と書かれていたのですが、初回なので念のため3回洗ってみました。


黒ずみの水が、お風呂場に残らないように、しっかり流します。

お風呂から上がり、頭をタオルで拭きましたが、黒い色移りは特にしなかったと思います。

気合を入れた甲斐がありました。


念のため、この時に拭くタオルは、新品の白いタオルは避けた方が無難ですね。



◆ あと片付け


ボトルのキャップ部分に残っているクリームを、付属の洗浄スポイトでかき出して、ブラシと一緒に水洗い。

ティッシュなどで拭き取って、水気をとばして乾かしたら、元の箱にしまって、涼しい場所に保管しておきます。


これで、作業は終了です。

なるほど、簡単でした。



◆ 感想


匂いは、以前やった脱色ブリーチのようなツンとした感じはなく、気にならない範囲です。


色の染まり具合は、悪くない感じです。

白髪が、だいぶ目立たなくなりました。


髪の毛の感じは、やっぱり少しゴワゴワしますね。

あと、光沢がなく、ちょっとベタ〜っとした印象です。

この辺は、仕方がないのかな。


想定の範囲におさまってくれて、満足いく結果が得られたので、良かったです。

色の保ちや、髪の状態の経過などは、これから様子を見ていきます。



◆ そういえば


死んだおじいちゃんは、腰が曲がってからも、髪の毛だけは黒々としていた憶えがあります。


先日、おばあちゃんにそのことを尋ねたら、白髪染めのようなものは使っておらず、自然に黒かったらしいとのことでした。

うらやましいです。

その部分が、隔世遺伝してくれていれば、楽だったんですけど。


でもでも、薄毛で悩むよりは、ずっといいので、贅沢を言ってはいけませんね。



NHKの登坂淳一アナウンサーみたいに、ある年齢までは黒々と染めておいて、ある程度相応の歳になったら染めるのをやめてみるというのも、面白いかもしれません。

調べてみたら登坂さんも、かなり若白髪で、20代の頃から白髪を染め始めて、35歳で染めるのをやめているんですね。

やっぱりストレスとかって、よくないんだなぁ。


サプリメントや食べ物で、内面からケアするという方法も考えられますが。

とりあえずしばらくは、購入したワンプッシュの残りを使って、黒髪を保ちつつ、様子を見てみます。

不都合や不具合があれば、その都度対応するという方向で。


なるほど、権力者が「不老不死」を求めるわけです。

若々しくあるというのも、大変だー。


 


【関連記事】
昨年1年間【2014年】に実際に飲んだ、サプリメントのまとめ
ムレ・かゆみ・あせも対策に「アンダーヘア」を処理しています



posted by SABUROH at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック