2015年06月27日

福島【地元散策】リカちゃんキャッスル<2010年>夏

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。


少しご無沙汰の、旅行系記事のアップです。

出歩いた記録のストックはそれなりにあるのですが、ブログを立ち上げた最初の頃に、写真画像をリサイズせずに丸上げてしまい、ストレージのディスク容量を大量に消費してしまっていたので、少し様子を見ていました。


暑くなって、旅行記事の検索が増えてきましたし、いつまでも書きかけの記事が残っているのはスッキリしないので、上げてみようと思います。


旅行日記は、写真をたくさん使えるので、もっとサクサク記事を量産できるかなと最初は思っていたのですが、エピソードや写真の取捨選択、情報に間違いがないかの確認等々で、手間がかかって意外と大変なんですね。

やってみないと、わからないものです。


とにかく「完璧を目指すより、まず終わらせろ!」の精神で、勢いで解き放ってみます。

ほんの少しでも、皆さんの暇つぶしや、参考になれば幸いです。


【関連記事】
福島【地元散策】あぶくま洞〜星の村ふれあい館<2010年>夏


というわけで、2010年7月頃に地元周辺を見て回った、記録の続きです。

この時は震災前で、建物の様子やお店の営業状況など現在とは違うところもありますので、もし観光の参考にされる方は、ご注意ください。


この日は、福島県田村郡小野町

・リカちゃんキャッスル

と、その周辺を散策しました。


画像をリサイズしたものに貼り替えたり、ちまちま整理しているのですが、まだ容量に不安があるので。

写真も抑え気味、目的地も一箇所で、あっさりめの記事です。


当日のメモが少ないので、他所様のブログを参考に、記憶を掘り起こしながら。^^;


【参考記事】
徒然ぱせり- 北California日記 -
福島旅行・その3「リカちゃんキャッスル」
やっぱんつ.com
リカちゃんキャッスルに行ってきた



◆ さぶろーちゃんも行く!


Wikiを見ると、開設が1993年で、上京する前からあって。

「できたらしい」という噂は聞いていたんですが、その頃は行ったことがありませんでした。

自転車では遠すぎるし、列車に乗ってわざわざ行くのも気恥ずかしいお年ごろでしたので。


【Wikipedia】
リカちゃんキャッスル


きちんと興味のベクトルが向いたのは、東京にいた頃。

青木光恵さんの、体当たりルポエッセイ漫画『みつえちゃんが行く!』で紹介されていたのが、きっかけです。



離れてみて、遠くから振り返って、気になったり、興味が湧くのが人の性。故郷というもの。

地元に帰ったら行ってみようと、密かに決めていました。



いろいろあって地元には帰ったものの、前回の記事にも書きましたが、余裕がなくて、なかなか行くきっかけがありませんでした。

「これではいけない!」と、初単行本を出したのを機会に、部屋を飛び出して地元を散策してみることにしたのが、この年のこの記録たち。

その栄えある第一回が、「リカちゃんキャッスル」というわけです。


【関連リンク】
リカちゃんキャッスル
オフィシャルホームページ


実は、記事的には「あぶくま洞」の続きなんですが、日程的にはこちらが先だったりします。



◆ 汽車で小野新町駅へ


長かった梅雨が明けて、ようやく外に出かけられるようになった、2010年7月某日。

この日は、磐越東線を使い、汽車で小野新町駅へ向かいました。


【関連リンク】
NAVITIME:「JR磐越東線 路線図


小野新町駅へ到着。

05小野新町駅.jpeg


お散歩がてら、駅から川沿いを歩いて、キャッスルへ向かいます。

06.jpeg


午前中から、真夏の日差しがジリジリと眩しい。

07.jpeg


『リカちゃんキャッスル』へ到着です。


【関連リンク】
リカちゃんキャッスル
アクセス:周辺マップ



◆ カラミティエンド


この日は、夏休みシーズンということで、キャッスル入口のあたりに、アイスやクレープの移動販売車や玩具の露店のようなものも出ていました。

21キャッスル正面.jpeg


家族連れや観光客で、なかなか賑やか。
(写真は、なるべく人や顔が写り込んでいないものを選んでいるので、そう見えないかもしれませんが)

旅行客の娘さんグループにカメラを頼まれて、写真を撮ったりしましたよ。


入り口を入ると、等身大の姫が、直々に出迎えてくださいます。

19リカちゃん.jpeg

王国民には、愛と慈しみを。

18リカちゃん.jpeg



悪者どもには罰を。

4i92t6.jpg

カッ

なんぴとも姫からは逃れられない。


ロビーは、等身大リカちゃんとの記念撮影、なりきりドレスを着てはしゃぐ女の子や、ショップやコーナーへ向かうお客さんなどなど、混み合っていて賑やかです。

17ロビー.jpeg


貸し衣装の女の子たちを見ていて思ったのは、ドレスが似合うコツは、やっぱり髪型ですね。

娘さんにねだられた親御さんは、そのへんを意識してキラ☆っとキメてあげると、とても良い写真が撮れると思います。



◆ お人形ファクトリー〜ミュージアム


2階へ上がると、お人形ファクトリー(工場内部)が観覧できます。

09工場内.jpeg

08工場内.jpeg


工場を取り囲むテラス部分に、ミュージアムやギャラリーなどがあります。

空きスペースを利用したものなので、あまり大きなものではありませんが。


【関連リンク】
リカちゃんキャッスル
城内のご案内:館内マップ


リカちゃんミュージアム」では、歴代リカちゃんや家族・お友だちや歴史など、解説や常設展示が観られます。
(照明やガラスの映り込みで、あまり良い写真がないんですが)

行方不明のお姉さんに、再開できる日は来るのかしら。

10.jpeg


リカちゃんの他にも、ジェニーや、タカラやトミーの男の子向け玩具も展示されていました。

トランスフォーマー玩具。G1。

15TF.jpeg

BW。

11ビーストウォーズネオ.jpeg

GF。

14TF.jpeg



勇者シリーズも。

13勇者ロボ.jpeg

あああ、懐かしいなぁ……。


髪型や小物や衣装などを選んで組み合わせて、自分だけのリカちゃんを製作する「リトルファクトリー」には、激しく心惹かれたのですが、お客さんも多かったし、こだわり過ぎて泥沼にハマり込む未来が見えたので、軽く店内を一周するのみに留めました。

リカちゃんとお友だちで、かつて夢中で遊んだ方、カスタムメイドにのめり込むタイプの方は、時を忘れます。

お小遣いと時間と予定に、余裕を持ってどうぞ。


【関連リンク】
リカちゃんキャッスル
オンラインショップ

【Amazon】
リカちゃん ストア


気を紛らわせるために、『トランスフォーマーアニメイテッド』のガチャガチャがあったので、回しました。

そっか「アニメイテッド」この頃かー。

41ガチャ.jpeg


一回目は、スタースクリーム。

41スタスク.jpeg

二回目は、バルクヘッドでした。
(日本放映版だと、アイアンハイドだったかしら)

42.jpeg


入り口の露店で、『ビーストウォーズ』のダイノボットが投げ売りされていたので、それもゲッツ。


いや〜、面白かったです。



◆ お昼ごはん


お昼は、キャッスル斜向いの大衆食堂さんに入って。

30すずきや食堂.jpeg

冷やし中華を食べました。

31冷やし中華.jpeg

具だくさんでボリュームがあって、とても美味しかったです。



◆ 町内散策


午後は、てくてく歩いて、町内を散策してみました。


リカちゃんキャッスルで長居して、丸一日楽しんでもいいかもとは思ったんですけど。

「普段、見て歩かない、地元地域を散策する」が目的で外に出たので、観光スポットでなくていいので、ぶらぶらしようかと。


とりあえず、むかし貧乏旅行で学んだ知恵で、土地勘のない場所では「公共施設」を起点にして<トイレ・水・情報>を確保するというのが基本なので。

そのセオリーに従って、町の文化公園をチェックしておきます。

27おのまち文化公園.jpeg

28おのまち文化公園.jpeg


図書館チェックも好きで、よくやります。

『プロゴルファー猿』が揃っていて、たいへん充実していると思いました。



◆ 散策BGM


この日、よく聴いていた曲は、『テニスの王子様』のキャラクター・田仁志慧のキャラソン『COSMOS』です。


それから、iPod nanoのシャッフル一発目でかかったのが『安全地帯』の「熱視線」だったので、 「安全地帯縛り」で歩くことにしました。

玉置浩二さんの歌声が、炎天下に、汗だくで歩き回るテンションとマッチして、とても良かったです。

確かこの頃、「安全地帯」の活動再開があったり、青田典子さんとのご結婚 があったりしたんだったかしら?


 


炎天下で聴く「ラスベガス・タイフーン」が、ストーンとハマって、陽炎で揺れる田舎町を、必要以上に歩きまわってしまいました。



歌詞の「オレは砂漠より乾いてる」のシンクロ具合!

23散策.jpeg


キャッスルへの案内看板。

34看板.jpeg


風化でちょっと色落ちしていますが、良い絵です。かあいい。


こちらは、近くの橋にあるリカちゃん像。

35銅像.jpeg

天地魔闘の構え。

4i92t6.jpg

カッ


この日は暑くて、汗をかきまくって喉がカラカラで、砂漠より乾いていたので、自販機や商店を見かける度に、ドリンクを買って飲んでいました。


途中、ウルトラマン・仮面ライダー・ウルトラ怪獣のコラボドリンクを売っている自動販売機を発見。

22仮面サイダー.jpeg

神啓介兄貴!

前の記事でも書きましたけど、この夏は、出先でこのコラボドリンクを、ほんとうによく飲んでいました。


散策も、地元の方と話し込んだり、オッドアイの白猫さんを追いかけたり、アスファルトの道に死んだ芋虫が数メートルおきに規則的に並んで置かれていて「スタンド攻撃!?」その謎を突き止めようとしたりと、いろいろあったんですけど、上げづらい写真やネタが多いので割愛。



◆ 家へ帰ろう


日が高いうちに、帰宅することにします。

36帰りの汽車.jpeg

帰りの列車の中から、次に行こうと思っている「あぶくま洞」周辺が見えます。

38帰り.jpeg


とても楽しい、充実した一日でした。


リカちゃんに思い入れのある方はもちろん、娘さんのいる家族連れ、ホビー好きな方は楽しめると思います。

このあとに行った(別記事で既に書きました)「あぶくま洞」も近いですし、今年から「福島ガイナックス」が三春で始動し「福島さくら遊学舎」などのアニメミュージアムもオープンしていますので。

予定を組み合わせて観光すると、たっぷり楽しめると思います。


皆さんも、是非、遊びに行ってみてください。


【関連リンク】
リカちゃんキャッスル
営業時間|入場料のご案内
あぶくま洞・リカちゃんキャッスル共通割引券
周辺施設のご案内

【関連記事】
福島【地元散策】あぶくま洞〜星の村ふれあい館<2010年>夏
福島【地元散策】あぶくま洞〜星の村ふれあい館<2014年>冬




















posted by SABUROH at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420980015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック