2015年06月25日

エロ漫画資料AV『やりたい放題』『無垢』

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。


以前の、エロ漫画家の視点で趣味と実益を交えつつ、つらつらと書いた、こちらの記事の続きになります。


【関連記事】
エロ漫画資料AV『ナンパ連れ込みSEX隠し撮り・そのまま勝手にAV発売。』


あ、続けるんだ、これ。



◆ 今回は


前回は、俯瞰・引きの画での「覗き見」「定点観測」という感じの作品を紹介したので、今回は「一人称視点」での「接写」いわゆる「ハメ撮り」モノのことを書いてみようと思います。


とりあえず、アダルト注意です。 ハート(ӦvӦ。) 一応。

そこまで極端に、えげつないことは書いていないつもりですけど、念のため。


例によって、嗜好や性癖がダダ漏れです。

見かたも、多分、偏っています。


レビューというタグは付いていますが、あまりそういう参考にはならないかもしれません。

自分の嗜好と違っても、「いろんな人がいるなー」と、眺めていって下さい。


それでは、今回は、こちらの二つのシリーズを取り上げてみようと思います。

・『やりたい放題
・『無垢


別にこれに限らず、検索すれば山ほど候補作品が出てくるんですが。

シンプルにまとまっていて、言いたいことがコンパクトに言えると思ったので、これにしました。



◆ 作品概要


それでは今回も、シリーズの簡単な説明から。

基本的な、それぞれのパッケージ・データは、以下の通りです。


『やりたい放題』
シリーズ: やりたい放題
メーカー: プレステージ
レーベル: 毒まむし
ジャンル: 単体作品 巨乳 美乳 電マ 顔射
収録時間:120分前後(総集編は8時間480分)
作品説明:純白の美麗ボディを差し出し、乱雑な部屋で男の欲望のままに責められてしまう美女。
モノ欲しそうな視線で、どんなプレイにも完全服従!
じっくりと洗脳するように快楽を刷り込まれ、執拗な責めに連続アクメ!!
マゾ体質を開花させ、すべて受け入れながら奉仕する姿は必見です!


『無垢』
シリーズ:『無垢』
メーカー: 無垢
レーベル: 無垢
ジャンル:指マン 顔射 騎乗位 制服 女子校生
収録時間:100分前後〜(卒業アルバムは8時間480分)
作品説明:「制服・清純・敏感 美少女の匂い シテハイケナイコト…」
恥じらい、うつむきながらも、その若々しい肢体で肉棒を求め果てる無垢少女たち。
純粋美少女のリアル生姦映像です…。



◆ 共通の解説


一人称視点の、いわゆる「ハメ撮り」ものです。

カメラは、手持ちのハンディカメラと、三脚を立てての固定撮影。

ですが、画像のブレや乱れはありません。

機材や腕が良いのかな?


どちらも、男優の顔は移りませんし、しゃべりません。

セリフや会話はなく、淡々と女体を弄び、女性は一切抵抗せず受け入れ、プレイを展開していくという流れ。


この部分のコンセプトは、どちらも同じです。



◆ それぞれのポイント


次に、それぞれ個別の解説と、個人的な視聴ポイントなど。


『やりたい放題』

概要

女優さんは、美人でグラマラス。
単体作品であり、パッケージ等で名前を目にしたことのある、一線級の方が多いです。

舞台になるのは、乱雑に散らかった、生活感のある部屋ですね。
マンションだったり、一軒家だったり。

まだ明るい昼下がり、生活感のある乱雑な部屋。
女性が、下着姿やラフな恰好で、昼寝しているところなどから、動画はスタートします。

そこに男が近づいていき、イタズラするようにまさぐり、愛撫し、1回目のSEX。
手錠やタオル、Tシャツ、ネクタイなどで、仰向けにして足を抱えるようにした女性の両手を縛り、中出しフィニッシュ。

夕方〜夜。
部屋を移動したり、服装のパターンを変え、フェラチオパート。
顔射フィニッシュ。

完全に夜になり、暗い部屋。間接照明などで薄暗い感じ。
また少しコスチュームや小道具を変えたりして、バイブや電マ、さるぐつわ、首輪などの小道具をはさみつつ、2回目のSEX。
最後は、顔射でフィニッシュ。

……と、だいたいこんな感じが、基本的な構成・流れになります。


解説

セクシーで艶やかな、女の肢体を欲望のまま弄ぶ」というのがコンセプトの、このタイトル。

自宅の部屋に呼び込んだ美女を味わいつくす」という趣で、日常の臨場感や生々しさを優先し、女優の魅力とボリューム感に重点を置いた、素材勝負の作品という感じですね。


それだけに、奇抜な体位や過剰なプレイ、非日常で特異なシチュエーションというのはありません。

小道具やコスチュームに、あまり身の回りに転がっていないものもありますが、通販やドン・キホーテのカーテンの奥などで、容易に手に入る類いのモノですから、そこまで問題ないと思います。


『やりたい放題』というタイトルから、あれもこれもというバリエーションや、とんでもなくハードなプレイを想像して、過剰に期待しすぎると、当てが外れるかもしれません。


このAVは例えるなら、「凝った内装の店内で過剰なトッピングや味付けのファーストフード」ではなく、「産地直送のみずみずしい果物を、自宅でむしゃぶりついて、丸かじりする」ようなイメージの作品です。


妄想シチュエーション

セリフや会話・ストーリーの前後がありませんので、想像の余地がたくさんあります。
雰囲気や言葉以外の情報を読み取って、足りない部分を脳内で補完して、妄想を広げることができます。


気だるい午後の昼下がり。
男の部屋に遊びに来た彼女。

付き合いも長くなり、初々しく緊張するような期間は終わり、互いに気を許してダラケられる。

そんな感じで、下着姿でリラックスしていたら、居眠りしてしまう彼女。
そんな彼女を見ていて、男のイタズラ心に火が着いて、ムラムラ。

そうして、SEXに突入。
久しぶりに熱くなってきた二人は、いつもよりちょっと過激なプレイをすることに。

そこで男が、「こんな事もあろうかと」「いつか使ってみたいと思って」という感じで用意していた、エログッズやコスチュームを彼女に使う。


こんな感じで、どうでしょう!(何が)


エロ漫画的には、一人暮らしの弟の家に遊びに来た姉でもいいですね。
男優さんの出っ張ったお腹がちょっと邪魔ですが、そこは長年培った脳内補正でいくらでも。


おお、えろいえろい。


こういう妄想やイメージ、脳内設定って楽しいですよね。

語彙が多いほど、適切で行き届いた説明や、豊かでダイナミックな描写ができるように、こういうイメージの欠片をストックしておくことで、作品の種になったり、表現の幅が拡がるんです。

創作をする人には、必須のスキルだと思います。


決して、病気ってわけじゃないんだからっ!



『無垢』

概要

こちらに出てくる女の子は、先の『やりたい放題』に比べると、素人っぽい、初々しい感じです。

素朴で、おとなしめの少女をイメージした感じの女性が多いです。

化粧っ気がなく、ノーメイクか、それに近いナチュラルメイクで、どこか野暮ったい。
胸も小さめ、スタイルもまちまちで、不ぞろいな印象です。

逆にいうと、クラスにいた目立たない娘という雰囲気。
その辺の、どこにでもいるような、生々しさを感じさせます。


舞台は、こちらも部屋です。
ですが、ある程度片付けてあって、生活感や生々しさはそれほどありません

多分、一軒家。(ホテルの場合もあり)
その中を、和室の布団やリビングのソファ、台所、シャワー、寝室のベッド……場所を変えながら、小道具や衣装を変えつつ、プレイしていきます。


先にも書きましたが、構成や流れは、『やりたい放題』と非常に近いです。


解説

コンセプトは、「無垢で何も知らなそうな少女を部屋に連れ込み、まだあどけない未成熟なカラダを弄ぶ」でしょうか。

ただ、方向性やベクトルは近いのですが、こちらは少々、作り込みが甘く、品質にバラつきがありますね。

整頓された部屋は、生活感がなく、セットのようです。
女の子も、いろいろ頑張っているのですが、キャスティングが失敗しているコもちらほらいて、脳内補正を強めにかける必要があります。

歯車がうまく噛み合いさえすれば、愉しめると思いますが。
そうでない場合、ハズレ感を強く感じてしまうかもしれません。


先に『やりたい放題』を「産地直送の高品質な果物」に例えましたが、その例えでいうなら、こちらは「実家の小さな畑でとれた不ぞろいな野菜」という感じでしょうか。



妄想シチュエーション

女の子がハマっていれば、もしくは補正を上手にかけられる職人ならば、

・ クラスの隅の目立たない女の子
・ 連れて来られた部屋
・ 性への期待と不安
・ 好奇心、恥じらいと戸惑い
・ 言われるまま、されるがまま

……というイメージは、容易いと思います。


私は、年上・豊満趣味なので、そちらはちょっとコツが要りますけど。


中に一人、むかし好きだった人に近いコがいて、自分の中ではそれだけでOKです。
さすがに、それがどれかまでは、恥ずかしすぎるので書きませんが。


ところで、個人的に気になる部分があるのですが。

この作品の男優さんの、クセなのか作法なのか、挿入前にクリトリスや割れ目に、ペニスを這わせる動作で間をとるんですよね。

なんというか、かなりゆっくり、もったいをつけるというか。
挿入を焦らす感じで、その時間が、かなり長めなんですけど。

それを見ていると「早く挿入れて!」と思ってしまうのだけど、これは誰の感情なんでしょうね。



◆ 資料として


構図

カメラが近寄った、この構図は、エロ漫画で大事な、疑似体験を演出してくれます。

画面いっぱいに女の子が移る臨場感。

切なげな表情、上気した肌、漏れる息遣い、流れる汗、揺れるおっぱい、はずむおしり……
目の前にあるような、彼女がそこにいるかのような、生々しさ。

スクリーンショット 2015-06-22 08.06.52.png


キャラクターを身近に感じてもらうために、エロ漫画でも頻繁に使われる構図と手法ですね。

自分が語りかけられ、自分がキャラクターと抱き合っているかのようで、とても有効で効果的です。


ただ、表情のアップが多い映画は画面がうるさくなってしまうように、そればかり続くと単調になってしまうので注意が必要です。

そのための、三脚などのスタンドを使っての、客観視点ですね。

漫画の基本の一つで、見開きに必ず全身や背景が入ったコマを入れるというのがありますけど、エロ漫画も例外ではありません。

その場合は、前回の記事で取り上げた「俯瞰」や「引きの画」も混ぜつつ、メリハリをつけるのが大事です。


間接照明のライティング

暗い部屋でのSEXは、暗い空間に白い肢体が浮かび上がって、とってもセクシーで良いです。

カラダの陰影や凹凸がわかりやすいので、肌カゲなどのトーンの参考になります。


男優の技術

ハメ撮りモノは、男優とカメラマンを兼任しなければならないので、そうとう大変だと思います。


顔が写らないよう、声が入らないよう、それでいて女優さんの魅力はきっちりフレームに収まるよう、カメラに気を配らねばいけませんし。

きちんと股間を硬く勃起させつつ、男優としてSEXを続けなければいけませんから。


時々見かける、どうしようもなく酷い、お粗末なハメ撮りってありますよね。

それはそれで、ハプニング映像としては楽しめるのですけど、作品としては失敗です。


このシリーズの男優さんは、そういう意味で、安定していて上手だと思います。


こだわるところと、こだわらないところ

『やりたい放題』の方は、男優さんの顔に薄いモザイクなのですが。

『無垢』の方は、男優の顔がカメラに写らないよう、角度や体位を計算して、ピンポイントで隠す職人芸を披露してくれます。

ハンディカメラの映像をリアルタイムでモニターに出力して、実際の画像を確認しながら撮影する方式で、とても見事なのですが。

その確認用のモニタ映像は、バンバン写り込んでしまっていて、そっちは別にいいんだ?と思って、そのアンバランスさが、ちょっと面白いです。

こういうことって、よくあります。


スタッフの気配

カメラに映る男優さんは一人ですけど、時々、サポートスタッフや監督さんでしょうか?もう一人の気配があって、気になったりします。

実際に愛撫やプレイに参加する場合は、問題ないのですが。

そうでなく、カメラの挙動の違和感や、家具やガラスなどの反射で映り込んでいたりするのがあります。

ふるい特撮番組などでも、よく見かけますが。
そういうの、気づいたりすると、ちょっと嬉しくなったりします。

嫌な視聴者ですね。


精液の量

ぶっかけの際の、精液の量が多いのは、良いですね。

フィニッシュ感が違います。

薄かったり、量が少なかったりすると、カラオケで歌い終わった後に拍手がないような、終わったのか終わってないのかグダグダな、妙な気まずさが残りますから。

エロ漫画的にも、個人的な嗜好としても、とても良いです。

個人的には、顔にかけるより、お腹の上にかけた方が、えっちいと思います!(誰も訊いていない)


外から見るほど楽じゃない

余談ですが、知り合いで「男優が出ていると、それだけで嫌だ」「腹が立つ」という人がいますけど、私はそうは思いません。

伊集院光さんもラジオで言っていましたけど、「人前で勃起できる」この一点だけでも、尊敬に値します。
それに加えて、体力、技術、コミュニケーションや気配り……
現場の声を聞けば、その大変さは、自分だったら逃げ出すレベルです。


漫画『ハッピー・マニア』で、「タラシのこと悪く言う男がいるけど、じゃあ、おめーらはタラせるのかよ!」「タラされる気持ちよさといったら…」みたいなことを言う場面があるんですが。


私の知り合いにも、ものすごい「女タラシ」の人がいましたが。

話を聴くと、なかなか大変だなーと思ってしまいます。
いや、本人たちは好きでやっているし、楽しんでいるから続けられるんでしょうけど、自分がやれといわれてもできないなー、と。


どんな現場も、外から見るほど、簡単じゃないし楽じゃない。


だから私は、腕のあるAV男優さんを、とてもリスペクトしています。

あと女の子の視点で、男優そのものに欲情している部分もあるので、問題ないです。


AVも、いろんな視点で視てみると、面白いし、参考になります。

ただオナニーするだけじゃ、もったいないですよ。



◆ 動画購入メモ


もし紹介した動画に興味のある方は、サンプル動画や総集編を視聴してみてください。

趣味に合うようなら、そこから個別に、好みやお気に入りの女の子にフォーカスしていくと良いと思います。


【DMM.R18】
やりたい放題
無垢 卒業アルバム」「無垢 特選

 

 


何度も繰り返しますが、エロの嗜好は千差万別・十人十色です。

視聴や購入に際して、趣味が合わなかったり、思っていたのと違っても、自己責任でお願いします。


オトナなんだから、転んでも泣かない!


いたずら1歳 やりたい放題 ビッグ版

新品価格
¥3,571から
(2015/6/19 18:07時点)




なんだかんだと続いてしまいました。

もう一本くらい書けたら、カテゴリを分けてみようと思います。


ここまで読んでくださって、ありがとうございました。


【追加記事】
エロ漫画資料AV『スク水H』『JKブルマ』『JKチアガール』
エロ漫画資料AV『あいつのヤリ部屋公開します!』



posted by SABUROH at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック