2015年05月08日

のり弁に付いている醤油の使い方と食べ進め方

のり弁、いいですよね。

シンプルで、安くて、早くて、しっかり美味しい。

私も、よく食べます。


以前、のり弁の醤油って、どのおかずにかけるのが正解なのかしら?と思って、調べてみたことがありました。


その時の結果によると、入っているのは大抵ダシ醤油だから、基本的にどれにかけてもOKらしいとのことで。

人によって、だいたい「白身魚のフライ派」「磯辺揚げ派」「海苔にかける派」に分かれていましたね。

「鶏の唐揚げ派」は、ほとんど見かけませんでした。

というか、鶏の唐揚げはそもそも、のり弁原理主義的には邪道なのかしら。



よく食べるのは、ほっともっとののり弁なのですけど、ここはソースを付けてくれますね。

サラサラしたとろみの薄いソースだから、これも、どれにかけてもOKな万能タイプなのかな?

私は、白身魚のフライに:7、ちくわの天ぷらに:3 くらいの割合で、サッとかけます。


早い時間から開いてるし、平日昼間割でさらにお安くなるのも魅力です。

以前は270円だったのですけど、値上げで300円ラインに上がってしまいました。

それでも充分、リーズナブルですけど。

それから、東がホモ弁・西がほっかほか亭に分かれた時に、昆布の佃煮敷きになったのが、少し残念です。

おかかが好きなのに。


【関連サイト】
ほっともっと公式サイト


最寄りのコンビニがセブンイレブンで、ここののり弁も美味しいし、悪くないと思うのですけど、のり弁で400円台は高い気がしてしまいます。

やっぱり、のり弁は 2〜300円ラインじゃないかな、と。

シンプル&最低限でいいので、そこをキープしてもらえたら、もっと頻繁に買うのに。



調べてみると、お店ごとにちょっとずつ、おかずの違いがあって。

人それぞれに、タレの使い方や食べ進める順番にポリシーがあって、面白いです。


私の食べ方は、おかずとご飯の配分とペースを考えながら、まんべんなく食べ進める、比較的オーソドックスな、バランス型という感じです。

そういえば、食べ進めるペースを読み誤って、おかずかご飯のどちらかが多かったり少なかったりすると、あんなに悔しいのは何故なんでしょう。


この辺は、むかし読んだ『ダンドリくん』の影響が大きいと思います。

のり弁のエピソードは、1巻の前半の方です。



電子書籍になっていたので、Kindleで読み返しています。
やっぱり面白い。



自分で作っても、簡単だし、美味しいです。

これから先も、生きている間ずっと、繰り返し食べていくと思うのですけど、仲良くつきあっていきたいですね。

食べ物の記事を書いていたら、また、おなかが空いてきてしまいました。

ご飯が美味しいって最高や!


【参考記事】
NAVERまとめ:「みんな大好き!のり弁トリビア&お手軽レシピ

みんなののり弁100レシピ

中古価格
¥392から
(2015/5/8 14:36時点)






posted by SABUROH at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック