2015年03月06日

iMac MA876J/AにCintiq 13HDを接続しました

どうも、SABUROH(@SABUROH496)です。


液晶ペンタブレットを、昨年2014年中に購入はしていたんですが、買ったことに安心して接続していなかったんですね。

安くない買い物だし、いつまでも放っぽりっぱなしもどうかということで、ようやく箱の封を切りました。

その接続作業の記録です。


PCは、2007年モデルのiMac MA876J/A。

OSは、OS X バージョン10.6.8 Snow Leopard。

それに、ワコム 液晶ペンタブレット Cintiq 13HDを接続します。


これまでは、板タブのBAMBOO FANでチマチマ作業していました。

PCはまったく詳しくなく、手探りで。デュアルモニタも初めてです。

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0

新品価格
¥101,880から
(2015/3/6 12:22時点)






◆ HDMI変換アダプタを間違える


事前のリサーチで、iMacにCintiqの外部ディスプレイコネクタが直接つなげられず、HDMI変換コネクタが別に必要とは知っていていたんですが。


【参考記事】
マイナビニュース【コラム】現役クリエイターがCintiqシリーズを徹底調査


参考にした記事のコネクタをそのまま購入したら、私のMacが古くて型が合わず、再度調べて買い直す羽目に。

上記の記事の “iMacでもさらに古い機種だと、このアダプタではダメ” の部分を見逃していました。

iMacの型番を打ち込んで、もっと注意深く確認するべきでした。不覚っ!

P1000899.JPG

ELECOM miniDisplayPort変換アダプタ forAPPLE HDMI ホワイト AD-MDPHDMIWH

新品価格
¥1,585から
(2015/3/6 12:20時点)



アタイノハ、コレジャナカッタ!


というわけで、もう一度調べたんですが、それらしい記事がなかなか検索にヒットしません。

探し方が悪いのかしら?


【参考記事】
iMac(thunderboltなし)に接続するには?


なんとか見つけたこの記事で、私の旧いIMacには、どうやら「変換名人mini DVI → HDMI 変換アダプタ」が、つながるらしいということで、再度購入。

P1000900.JPG

説明書もなく、ものすごく簡素なパッケージで不安だったのですが、どうにかコネクタにささり、ようやく先へ進めます。

ささりが浅く、本体との間に隙間が空いていて、依然不安は拭い切れないのですが、それは仕様のようです。

変換名人 mini DVI → HDMI 変換アダプタ MDVI-HDMI

新品価格
¥700から
(2015/3/6 12:15時点)





◆ 接続作業の流れ


ここからも、タブレットドライバのインストールで「機能拡張を使用できません」のエラーが出まくったり、PCからDockが消失したり、タブレット側がメインモニタと同じ画像にならず焦ったりするのですが。

それを一つ一つ長々書いても仕方がないので、ネットを右往左往して調べ、どうにか成功した最後の流れだけを簡潔に、具体的に書きます。

無駄な部分があるかもしれないし、この通りやったからといって、同じようにつながるかは保証できませんけど。

ひとつのケース、覚え書きとして。



0,接続の前に、他の余計な接続をPCから外す

1,前のペンタブレットドライバをアンインストール

2,Cintiqの最新ドライバを、公式サイトからDLし、インストール

 Cintiq (DTK-××××) > MacOS X > ドライバダウンロードページ
 動作条件が、Mac OS X v10.6に対応
 Cintiq 13HD(DTK-1300)に対応していて、更新日の新しいもの

3,ドライバをインストールしたら、PCを再起動

4,少し待ってから、PCの電源を切る

5,電源を切った状態のPCに、Cintiq 13HDを接続する

6,Cintiqの電源を入れた後、PCの電源を入れて起動

7,Macの[システム環境設定]から[ディスプレイ]>[調整]と入り
 「ディスプレイをミラーリング」にチェックを入れる

 これで、タブレットの画面にメインモニタと同じものが映ればOK

8,ポインタの設定を行う




私の場合は、これで使えるようになりました。

P1000904.JPG

6でエラー表示が出なくなったまでは良かったんですけど、PCとペンタブで画面が同じにならず頭を抱えましたね。

「iMac Cintiq メインモニタと同じものが映らない」で検索したら、Appleサポートのページがでてきて、そこでミラーリングをONにすればいいということがわかって、どうにかなりました。

サブディスプレイ?そっか、デュアルモニタってそういうことか!

これだから無知はこわいね。



◆ ひと息ついて


安いコネクタだからなのか、ペンタブの画面に赤いチラつきが出たりもするんですが、支障はないようです。


ミラーリングではなく、PCと画面を分けたりもできるようですけど、もう少し使い込んで、慣れてからにしようかと。

ファンクションキーの割り当てや、ペンなどの設定も、これから使いながら詰めていこうと思います。


入力が、よりダイレクトになったことで、作業効率が上がることを期待しています。
もりもり描きますよー。

なにか気づいたことがあれば、また追記していきます。


あ、余ったHDMI変換アダプタ、どうしよう。





【オススメ記事】
絵が上達したい人向けのプロのアドバイスまとめに戸惑ってしまう理由
漫画家の自分が『絶版マンガ図書館』をおすすめする理由
オトナになったらできること、オトナになってもできないこと





posted by SABUROH at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415140988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック