2015年02月15日

Amazonで買い物をして、おサイフケータイで支払ってみました

ノートもとったし、関連ページもクリップしたけれど、ブログに書いてアップしておけば、ネットさえつながっていれば、どこからでも開いて設置してある検索窓ですぐに呼び出せるので。
自分用のメモとしてアップしておきます。


というわけで、Amazonで買い物をして、その代金を「おサイフケータイ」の電子マネーで支払う、覚え書きです。



◆ 使っている携帯電話

ガラケー「P-09A
ITmedia Mobile:SMARTシリーズ「P-09A」

スリムで、シンプル。
主な用途は、
・ 電話
・ 目覚まし
・ 写真
・ お財布ケータイ
ネットやメールはPCやタブレット、iPod touchがあるので。
いわゆる、使い分け派です。

購入代金や維持費が(スマホと比較して)安く済み、電池のもちもよく、必要十分。

色はバイオレット



◆ 入っている電子マネー

楽天Edy」「モバイルSuica」「nanaco」が入れてあります。

購入して1〜2年くらいしてから、アプリのダウンロード、初期設定とサービスを登録しました。
クレジットカードでチャージして、コンビニやファミレス等のちょっとした支払いは、だいたいこれで済ませます。
nanaco>コンビニで、公共料金も払えます。
小銭を持ち歩かなくていいので、なかなか便利。

● 楽天Edy:おサイフケータイではじめる
● JR東日本:モバイルSuica
● セブン&アイ:nanaco



Amazonでは、「Edy」と「Suica」が使えるようなので、今回は「モバイルSuica」で支払ってみました。


電子マネー払いは、商品発送前に先払いで決済する方式です。

支払い可能金額の上限は、Edy:5万円Suica:2万円
Amazonヘルプ:コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いについて

電子マネー支払いが選択できない商品もあるので、事前に確認しておきましょう。
Amazonヘルプ:コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを利用できない商品



◆ 支払いの流れ

いつものように商品を選んで、カートへ。
(※いつもPCで買い物しているので、このような流れになっております)


 【PCから】

1. Amazonで商品を注文
  →支払い方法選択画面で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」にチェックを入れて、注文を確定

2. 「ご注文の確認」メールのあと、商品が確保されしだい「お支払い番号」メールが届く
  →記載のURLにアクセスする

3. 支払い方法選択画面から、「電子マネー」→「モバイルSuica」を選択

4. 「モバイルSuica」を登録している、携帯電話のメールアドレスを入力して→送信


 【携帯電話から】

5. 届いたメールから「決済用URL」を開く
  →「モバイルSuica」アプリが立ち上がる

6. アプリにログインして、金額を確認し、支払いを承認する
  →残高が、料金分減る


 【PCから】

7. 「お支払いを確認しました」というメールが届く
  →これで支払いが完了

あとは、商品が届くのを待つだけ。

いったん、流れをつかんでしまえば簡単な作業です。


Edyも、ほぼ同じような流れになります。
Amazonヘルプ:楽天Edyで支払う

ポイントサービスを設定しておけば、ポイントの付くクレジットカードのチャージとあわせて、そのへんもお得に貯められたりもします。

<参考>
● 電子マネー&おサイフケータイの比較サイト!電子マネー比較.com

覚えておくといいかもです。



posted by SABUROH at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414085760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック