2014年12月31日

仙台大観音でみえるもの

2014年11月後半の週末に、所用で仙台へ出かけた備忘録。
その続きです。


◆ 仙台駅 バスターミナルへ

サイクリング他、モロモロの予定を終えて、翌日。

P1000759.JPG

本日は、「仙台大観音」へ向かいます。

ラジオの情報や人づてに噂は聴いていて、気になっていたんですけど、今まで行く機会がなかったので。
今回は、せっかくなので足を伸ばすことにしました。

昨日の青葉城跡から見えた、この写真の中央やや左の、突き出た白いのがそうです。
P1000727.JPG


思い立ったが吉日っ!

P1000763.JPG

朝食を済ませ、行動食や補給用の水分を購入して、仙台駅のバスターミナルへ。

P1000764.JPG

14番のりば>から、市営バスに乗って移動します。

P1000765.JPG

車内は地元の方が中心で、それほど混んでおらず、ゆったり座れました。

前日は、満席満室に遭遇してばかりだったので、のんびり気分。


◆ きこえるか きこえるだろう

P1000766.JPG

住宅地を40分ほど走り、「仙台大観音前」というバス停で降りました。
料金は、片道400円です。


郊外の住宅地の外れで、イオンの看板が見えるくらいで「ホントにここで合ってるのかな?」と思いながら周囲を見回し、グルっと振り返った瞬間…

P1000767.JPG

!?

おられました!
仙台大観音」!!

バスの中の座席の位置もあって、近づくのが窓から確認できず、降車の時もバスが影になってうまく隠れていて、振り返った瞬間目の前に突然現れたので、インパクトがありました!

この瞬間のギョッ!?っとする感じは、とてもよかったです。
ナイス演出!(偶然だけど)

日頃の行いのおかげかしら?

P1000768.JPG

信号を渡り、お側へズンズン近づきます。

P1000769.JPG
P1000770.JPG
P1000771.JPG
P1000772.JPG

御足下へ、到着。

P1000773.JPG

下では龍の台座が口を開けています。
いや〜、大っきい。

高さは、100mあるそうです。


ガンダム等の20mライン
勇者ロボ等の30mライン
ウルトラマン40mライン
戦隊ロボ50mライン
平成ガメラ80mライン

monsters-height.gif
e01c1e87e3ab5854389ad6c6ca7c60c5.jpg
15c2317_1238907318612.jpg

<参考資料:怪獣〜ロボット 大きさ比較>

そして、100mラインといえば、イデオンゴジラ(vsキンゴジ以降)!超大型巨人のおよそ倍!

まじかっ!?ちょうど、こんな感じなのか!うおー!!

上の図をタブレットに入れていって、それを見比べながら見上げたんですけど、テンション上がりましたねー!

比較できる巨大な実物を、現場で見上げながらというのは大変捗るっ!


ではその時、私のiPodでガンガンに流れていた、この名曲を聴きながら、ご一緒に全身をぐるり。

P1000774.JPG
P1000775.JPG
P1000776.JPG
P1000777.JPG
P1000778.JPG
P1000779.JPG
P1000780.JPG


うぉおおおおおおおおおおおおお!!!

きこえましたか?みえたでしょうか?
私は鳥肌立って、ちょっぴり出ました。
来てよかったぁ〜!

復活のイデオン/伝説巨神イデオン - 80’sロボット・アニメ(8bit) vol.1
ピコピコアレンジもすき。


Amazonインスタント・ビデオで、1話無料です。





◆ 「突入!観音様の胎内へ」の巻

P1000782.JPG

さて、龍の口は入り口になっていて、ここから観音様の中に入ることが出来ます。

中にはトイレがないので、外の公衆トイレできちんと済ませておきます。
吹き抜け部分に空調もありませんので、冬などは暖かくしていくことも忘れずに。


入り口で「守護札」を購入し、中へ入ります。
料金は500円

中は吹き抜けの空洞になっており、その中心をエレベーターが背骨のように貫き、それを取り囲むように百八胎内仏が安置されています。

P1000784.JPG
P1000786.JPG

断面表現や透視図は、最近はえっちなマンガでお馴染みですが、外の印象とここまでの流れから、古き良きロボットアニメのED怪獣図鑑を思わせますね。
なんて、いたれりつくせりっ!

09d218dd2a09ef77e433735a307fab31.jpg

ん?今、一瞬なにかが脳裏をよぎりましたが、たぶん気のせいです。構わず進みましょう。


受付を抜けて、1階の龍の台座の中の部分は、木彫の十二神将や三十三観音像が祀られています。
唐突に、昭和を感じるタイムカプセルの中身なんかも展示してあります。

階段を上がり2階へ。

P1000792.JPG

ここからエレベーターで、上の御心殿まで一気に昇れるのですが、他に登竜門という外に出られる扉があります。

P1000793.JPG

ここをくぐると、観音様の真下、入り口の龍の上の部分に出ます。

P1000794.JPG

せっかくなので、ここもひと周り。

P1000796.JPG
P1000797.JPG
P1000798.JPG
P1000799.JPG
P1000800.JPG
P1000801.JPG
P1000802.JPG
P1000803.JPG

さあ、いよいよエレベーターで上へ昇ります。

一気に地上から68m、首の下から胸のあたりへ。

展望窓」や、胎内の中心部である「御心殿」があります。
御心殿には木彫の大黒様があり、「自分の体の悪い部分や気になる部分を触るとよい」との説明があったので、体中を撫で回しました

そういえば、ここの裏手には縁結びの油掛け大黒天があるのですが、撫で回された挙句に油まみれとは、大黒様はどう思っていらっしゃるのか


展望窓から、仙台の街をひと通り見渡したら、いよいよ吹き抜けの空洞部分を降りていきます。

螺旋階段への扉を開けると、冷たい風が通り過ぎます。

薄暗い空間に、中心を貫くように伸びるエレベーター
それを取り囲むように、108の菩薩や明王が配置され、螺旋階段で周りながら下へ降りていきます。

ライトアップの効果もあり、見下ろした時の不思議な感覚は、なかなかのものです。

あれ?でもこの感じ、どこかで…

P1000807.JPG

母の胎内とか宗教的イメージとかじゃなく(それもあるけれど)、なんていうかもっとこう熱狂的な、たしか小学生の頃に…

P1000808.JPG

…ん?


P1000809.JPG

あっ


kin14_10.jpg

ああーっ!?


ウォーズマン体内リングやんけ!
そういえば、入り口の断面図のあたりから、ずっとチラチラしてた!!(白々しい)

09d218dd2a09ef77e433735a307fab31.jpg

<『キン肉マン』集英社/ゆでたまご 〜黄金のマスク編〜>より
※紹介・引用の目的で一部の画像を使用しております

再び、ミュージックオン!

キン肉マン Go Fight ! (2005ver.) [セルフカバー] - 串田アキラ

そうなると、祀られている百八胎内仏が違うものに見えてくるんですけど、それは大丈夫なんでしょうか?
罰当たりではないんでしょうか?
(※怪獣だロボットだと騒いでいる時点で既に手遅れです)



外からも内からも、こんなに楽しめる!なんてところだ!!


◆ 捗る、仙台大観音っ!

十二分に堪能した仙台大観音。最高に楽しみました。

もっと大きなビルや建物はいろいろありますが、実在の人型巨大建造物がみせてくれる風景は、空想力を刺激してくれます。
私にはこうみえましたが、人によっては違うものがみえるかと思います。

是非、現地で自分の眼で見て、自分の感覚で感じてみてください。
そういうものが感じられる人にとっては、最高に楽しめると思います。

真っ白な色と、対照物があまりないことで、見る位置によっては巨大感が薄れるので、その辺を意識しながらアングルを工夫するといいかもしれません。


では最後に、この日のベストショットを。

P1000810.JPG

昼食を食べに寄ったイオン中山店の出入口付近から。
店内をしばらく見て回り、大観音前に来ていることをいったん忘れて地元にいるような感覚になってから外へ出ると、現れる光景にハッとします。

怪獣が現れて、この位置で熱線や火球を吐かれたらと想うと、絶望しか感じない!



G2でレギオンとガメラが対決して仙台の街が壊滅しましたけど、以前もそれを想像しながら街を歩きましたけど、より実感を持って空想できます。ギャー




というか、今思ったけれど、フィギュアかソフビを持っていけばよかった!あとキン消し!
もしくは、イオンの玩具コーナーで調達すればよかった…迂闊っ!

P1000812.JPG

こっちは、帰りのバス停付近から。
隣のホテルに人型のシルエットがさして光の巨人感!




P1000811.JPG

仙台駅に向かう帰りのバスがなかなか来なくて、少々待たされたのですが、あまり退屈しませんでした。

本当に行ってよかった!
みなさんも機会がありましたら、立ち寄ってみてください。


あなたは「仙台大観音」で、何をみるのか?


いつか、茨城の牛久大仏にも行けたらと思います。


















posted by SABUROH at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック