2014年12月28日

レンタル自転車DATEBIKE(ダテバイク)で仙台を駆ける

2014年11月後半の週末に、所用で仙台へ出かけた、そのときの備忘録です。


◆ 週末の土曜の朝、郡山から高速バスで仙台へ

郡山駅前案内所で、往復の大人2枚綴り回数券を購入し、バスに乗り込みます。

料金は、往復3,400円(片道1,700円)。
大人片道2,200円なので、単券よりちょっぴりお得。
P1000709.JPG

他に6枚綴り券があって、複数人や頻繁に乗る予定の方は、こちらが更に割安になります。

詳しくは、バス会社のサイトを参照のこと。
福島交通 須賀川・郡山〜仙台線

この日は、お客さんがすごく多くて、補助席も埋まって、ほぼ満車状態でした。
週末だからか、仙台で何かイベントがあったのか、その両方なのか、理由は詳しく調べていませんが。

途中の停留所で運転手さんが、何度も申し訳無さそうに、乗車を断っていましたね。
P1000710.JPG

乗車時間は、約2時間。(予定)
途中、1時間地点のあたりにトイレ休憩で一度、パーキングエリアに10分ほど停まります。

余談ですが、バスで右隣に座ったメガネのお兄さんのスマホの画面がビッシリ割れてヒビが入っていて、そのことがずっと気になっていました。
画面は割れていても、機能には問題ないらしく、お兄さんはまとめサイトなどを閲覧しながら車中を過ごしていましたけど。





◆ 仙台到着〜DATEBIKEサービスステーションへ

お客さんが多く道も混んでいて、予定の到着時刻より30分ほど遅れて仙台に到着。
お昼、ちょっと前くらいの時間です。

14時頃から〜人と待ち合わせて予定があるので、2時間ちょっと空きができました。
昼食は、待ち合わせている方々と合流して少し遅めにとる予定で、バスの中で間をもたせるカロリーバーをかじっておいたので、まだ大丈夫。

そこで考えていたのが、仙台の街歩きを検索していて引っかかった、この記事です。
DATEBIKE:ワンコイン100円から利用可能!仙台への観光や出張にもオススメのレンタル自転車サービス

はい、お待たせしました今回のタイトルです。

詳しいことや利用方法は、上記の記事でわかりやすくまるっと説明されているので、簡単に済ませますが。

docomoが運営している、レンタル自転車サービスです。
ネットで予約するだけで、仙台市内に複数用意されている駐輪場から、簡単に自転車を借りられます。


なかなか好いなと思って、移動手段と暇つぶしのリストに入れておいたのですよ。ほんほん。

ただ、必ず利用するとは決めておらず、事前に会員登録をしていませんでした。

そこで、駅前にあるサービスステーションへ移動。
鮮やかなの看板が目印です。

係のおじさんに尋ねながら、受付にあったノートPCで会員登録しました。
これが意外と手間取って、時間がかかってしまいましたね。

出先のカウンターで、記入や入力を間違えないようにって、すごく緊張しません?

20〜30分くらいですけど、旅先のスケジュール管理を考えると、バカにできません。
交通機関で乗り遅れると、1時間単位で待たされるのが地方です。
まあ、今回はそういう切羽詰まった状況ではなかったので、よかったですけど。

少しでも利用する可能性があると思ったら、家を出る前に登録を済ませておくといいと思います。

会員登録だけなら無料ですし、使わなかったとしても問題ないので。
いざ利用するとなった時、旅先での手間と時間を節約できます。
仙台コミュニティサイクル DATE BIKE


◆ 激走!あおば通

嘘です。安全運転です。
あたりまえじゃないですか、常識人ですよ私。

でも、テンション上がりましたね〜。
電動アシスト自転車初体験だったんですけど、なかなかいいですねこれ。

ある程度スピードが出て安定走行に入ると普通の自転車と変わりませんけど、走り出しや坂道のグンッと押し出してくれる感じは、すごく楽だし頼もしいです。

「見えないお父さんが自転車を押してくれる」感!
※若かりし頃の元気なお父さんです

自転車は快適なんですけど、仙台の街は人も多く、あまりスピードを出すと危険です。
最近、自転車保険や交通法改正の話もあって、自転車のトラブルもなかなかヘビーですから、そこは注意しながら走ります。

電動アシスト自転車を面白がって走っていたら、あおば通を直進していました。

地図を見ると、この先に仙台城址(青葉城址)があるので、そのまま進むことに。
そういえば、伊達政宗公に挨拶もしていないし、一度行ってみたいと思っていたので。

上記の参考にした記事でも行っていて、「かなり大変」と書いてあったので少し覚悟していたのですが、あくまで私個人の感覚ですけど、そんなに大変でもなく、わりと普通にたどり着けました。

私の感覚では、弟のお下がりのママチャリで、家から〜一番近いTSUTAYAまで走る方が、まだ大変な感じ。
このへんは、田舎暮らしの距離感覚や、車の運転が嫌いで自転車や歩きでの移動が多いことや、モロモロ理由があって個人差があるので一概には言えませんけど。

もし、走ってみようかなという方がいらしたら、そのへんはご自分の体力等とよく相談して判断してください。

でもって、ふもとの駐車場のあたりに自転車を停めました。
P1000748.JPG

道が上まで続いているので、電動アシストですし、登れなくもないのですが。
なんとなく、山は足で登りたいと思ってしまったんですよ。思ってしまったなら仕方ない。思ってしまった時には、すでに行動している。そういうものなのです。

たとえ、あとで後悔しても!


◆ オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠い坂をよ…

それはいいとして、なぜ私はダッシュしてしまったのか。
荷物のバッグを背負ったまま、山道を駆け上がる必要などなかったのではないのか。

電動アシスト自転車の快適さに気を良くして、テンション上がってたんでしょうね〜。
14時から約束があったし、会員登録でロスした時間を取り戻そうという気持ちもちょっとあったのかも。

でも、自分の年令と、ここ数年の漫画家生活をコロッと忘れてました。
途中で燃料が切れて、ベンチでひと休み。11月だというのに汗だくです。



携帯したカロリーメイトをかじりミネラルウォーターを飲み干して、冬装備の上着を一枚脱ぎ、そこからは普通に山登りしました。
P1000714.JPG

しばらくすると、石垣が見えてきます。

P1000715.JPG

前を行く子どもが石垣によじ登っていましたけど、私はオトナですからね、そんなことしません。(オトナは無意味なダッシュはしない)

石垣を過ぎると鳥居があるので、それをくぐり石段を昇って進みます。
P1000742.JPG
P1000741.JPG


この時は、なにか工事をしていて、区画の一部に、立入禁止のフェンスや垂れ幕がありました。

そこを抜けると、仙台の街を一望できる開けた場所にでます。
P1000718.JPG
P1000724.JPG
P1000725.JPG

天気もいいし、いい眺めでした。

P1000727.JPG

仙台大観音の背中も、うっすら見えます。(フリ)


◆ はじめまして、政宗公

街を見渡せる広場から振り向くと、伊達政宗公の像があります。
P1000723.JPG


写真では、よく見たことがある、おなじみの!
P1000728.JPG
P1000729.JPG

実物は、画像から感じる印象より大きくて、迫力がありました。
P1000731.JPG
P1000732.JPG

少し回りこんで、後ろから。
P1000733.JPG
P1000734.JPG

政宗公に、挨拶できて満足です。

旅の安全を祈って、手を合わせ。
P1000740.JPG


城跡を、あとにします。
P1000743.JPG

お食事処や博物館など、ほかにも観るところや楽しむ場所はあるんですけど、このあと約束があるので。


◆ 自転車の返却

山を降りて街なかを走っていると、約束の相手から電話。
時間は少し早かったのですが、自分以外はもう全員集まっているとのことで、合流することに。
P1000749.JPG

7番ポート(駐輪場)の「ハヤサカサイクル」に自転車を返却し、この日のサイクリングは終了です。
ポートマップ(PDF)


時間は、1時間半〜2時間前後くらい。
料金は、後日クレジットカードで引き落としになります。
>12月のアタマ頃、請求のメールが届き、料金は309円でした。




楽しかった。行ってよかったです。
みなさんも、機会がありましたら、利用してみてください。















posted by SABUROH at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411356165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック